上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



バルセロナ滞在は3日間ですが、このペースだと年越ししちゃうので、1日分のみ掲載します。 申し訳ございませんがご理解のほどお願いいたします。



ということで、1日目はすっ飛ばして(-∀-)・・2日目に突入!!

本日の最初はこちら!!!
DSC_0125.jpg
サグラダファミリア教会です!!!

上にWikipediaのリンク貼っておきましたが。

要するに、簡単に言えば、年に着工した、世界最大の教会で、繊細かつ超豪華な装飾が目を引きます!!!(゚∀゚≡゚∀゚)

ですが、デザインにあまりに凝りすぎたため、なかなか作業も進まず、130年たった今も工事中という、オチになっています。そのため、未完の大聖堂とも揶揄されてきました。

2008年ごろまでは、完全竣工まで、「あと200年かかるんじゃね?」とか言われてたのですが、
なんと、最近3Dプリンターの開発と、IT技術の発展によって、工期がなんと180年も短縮されて、なんと2026年ごろには完成予定とのことです。3Dプリンターおそるべし!!(*’U`*)

さらにさらに、現在の工事監督は日本人なんです!!!!!!

はい、前置きはここまで。

まず外壁から、
P8050140.jpg
正面入り口側の外壁には、キリスト生誕を祝う、羊飼いたちを彫刻で表しています。
その名も、「生誕のファサード」
まじで見てると気がくるってきますwww(ノω`*)ノ(ノω`*)ノ

       P8050144.jpg
スクラップにされている亀。

柱の中には、雨水の排水パイプが通っており、雨の日は亀の口から雨水が出てくるような仕組みになっています。口から泥水が出てきたら・・・・(禁)
P8050146.jpg
もう、着工から125年もたっているので、初期のころに作られた部分(右)と、最近作られた部分では、だいぶ色が異なっています。

P8050160.jpg
こちらは正面入り口とは逆の入り口の上にある彫刻です。

キリスト氏が処刑の真っ最中です。こちらの外壁は、正面入り口側とは対照的に、装飾は最小限。

キリストが処刑される12人(だっけ)の弟子の悲しみを表しているため、「受難のファサード」と名付けられました。

P8050161.jpg
顔が妙にかくかくしているのは、手抜き・・・・・・ではなくそういう仕様なのです。ww

続いて聖堂内へ!!

125年前に設計されましたが、最新式のLED照明、高速シースルーエレベーターを完備している辺りは、意外でしたねww

(゚д゚)(゚д゚)(゚д゚)(゚д゚)(゚д゚)(゚д゚)(゚д゚)(゚д゚)
F1000599.jpg
大理石を削って、ここまでの物を作ってしまうとは、言葉に出ません・・・・・・どうやら森をイメージして作ったようですが
ヤバすぎてワロタwwwwwww\(^o^)/

    F1000595.jpg
ずっと見てても全く飽きません。感動ということばすら見つかりません。
DSC_0111.jpg
教会の定番のステンドグラスも見もの!!!   心もさわやかになりそうp(*^-^*)q

DSC_0104.jpg
西側の窓からは、夕焼けの陽がステンドグラスを通して、入ってきます。 なんとも美しいではありませんか!!!

建設中ということで工房も見学できますよー。(外からのみ)
P8050166.jpg
ここで、彫刻などを掘っているようです。 運が良ければ日本人の工事監督者に会えるかもよ。


これが、あの噂の3Dプリンターか!!!!w(゚o゚)ww(゚o゚)w
P8050164.jpg




【完成予想動画】
見たらまじで驚きますよ!!!   下の動画を、一回ぜひぜひ見てみてください!!!!





↑最後の方とか、すごいことになっちゃってますねwwwwww

果たして、2026年までに本当にできるのでしょうか!?    完成したらまた行きたいですね。

そういえば、サムネイル小さくするの忘れてたな(´∀`*;)ゞ




もう夕方ですが、まだまだこの後もアツくなっていきますよーーーー!!!!!

明日もどうぞお楽しみに!!(^-^)/




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。