上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
!ちゅうい!この記事は、おとといからの記事【その1】【その2】の続きです。まだ、【その1】【その2】をご覧になっていない方は、そちらを先にご覧ください!

~ここまでのあらすじ~
僕と、クラスメートの【友人О】は房総半島最南端の秘境に位置する、元フラミンゴパークだった、『旧・行川アイランド』を目指して、出かけました。 首都圏から2時間半。遂に、われわれは、行川アイランドの最寄の無人駅『行川アイランド駅』に降り立ちました。


あ、そうそう。読み方ですが、「行川アイランド」と書いて、なめがわあいらんどと読みます。なかなかの難読駅ですね~。
PICT0981.jpg
東京都心から、2時間半。遂にこの地に降り立つことが出来ました!
PICT0979_201506152243181f7.jpg
電車は我々を置いて、走り去っていきました。

        PICT0980.jpg
観光案内の札。行川アイランドと書かれていたところはテープで隠されていたようですが、劣化ではがれて見えてしまってしまっています。(^^;;  

『おせんころがし』とは、何なのか、友人Оに聞いたところ・・・昔「おせん」という名の女性がいたが、崖から飛び降りて自殺してしまったことから、その場所が「おせんころがし」と言われているようです。噂によれば幽霊が出るとか・・・。
もっとも、説はいろいろあるようですが・・・・。

すみません! 詳しくはわからないので、詳しく知りたい方はググってください。

PICT0982.jpg
これが駅舎・・というか、待合所ですね。  こんな田舎駅にはそぐいませんが(失礼)、かなり新しい駅舎です。
                  F1000371.jpg建物に貼ってあった、財産標。どうやらこの建物(待合所)は、平成20年3月に落成したようだね。

PICT0983_20150616225926163.jpg
駅前でパチリ!
F1000366.jpg
房総地区路線図。 今思ったんですが、最南端ってわけでもありませんね(^^;  訂正しときます。

F1000367.jpg
列車の数は数えるほどしかありませんが、なぜか一日2回だけ、無人駅なのに特急列車が発着するようになっています。 使う人いるのでしょうか?


支払いはICカードで。消費税増税後は切符で乗車するより、ICカードで乗車する方が運賃が若干安いことを皆さんはご存知ですか? 
ちなみに、ここは無人駅ですから、ICカードはこのような簡易型改札機を使用します。
ICカード相互利用に対応しているので、首都圏のSuicaPASMOのほかに、大阪のICOKAや北海道のKITAKA、東海地区のTOICA等々、全国の交通系ICカードが使えます。
PICT0985.jpg

PICT0984_20150616234705da8.jpg
ぴぴっ!
 わかってはいましたが、都心から2時間半ということで、一気に2000円も引かれてしまいました・・・。  まあ、無人駅ですので、不正乗車は結構容易なんですがね・・。とくに無人駅同士での乗降はね(^^)


PICT0986.jpg
前置きが長かったですが、いよいよ出発!!
PICT0987.jpg
もうお金を払う人はいません。

行川アイランドの正面入り口は駅の道路挟んで向かいにありますが、当然そこからは入れません。駐車場わきの裏口から侵入します。 とはいえ、車の通りが激しい国道沿いですので、見つからないように慎重に行きます。(見つかって通報されれば、敷地不法侵入でめんどくさいことになるんで)

PICT0989.jpg
インターネットに載ってた例の裏口らしきものを発見!
PICT0990_20150616234701639.jpg

鉄条網の張ってある、門がありますが、隣には人が超余裕で通れる隙間があるのでまったく意味をなしていませんwwww
PICT0991_20150616234709daa.jpg

入った途端不法投棄の山!!!  きったねえ~~~。  明らかに最近捨てられたゴミですよ。


その時、俺らの目の前を、鹿らしきものが高速で通過!!!
マジでヒヤッとしたわー

そういえば、この行川アイランドで飼っていた『キョン』という鹿の一種である動物が、野生化して周囲の畑を荒らしているようですが、今にはもしかしてその『キョン』だったんでしょうか??

PICT0994_2015061623505519f.jpg
道沿いに歩いて、3分ほど。。  廃墟に通じるトンネルを発見!!!

ちなみに今回は、廃墟に潜入するということで、安全のためいつも私が持ち歩いている防災セットを持ってきました。
2人分の、折り畳みヘルメットと、いつも持ち歩いている防災サバイバルキットです。
PICT1106.jpg


↓(上下の写真は家で撮ったものです)
PICT1107.jpg
折り畳みヘルメットは、このようにワンタッチで立体化することができます。折りたためるので持ち運びもかさばりません。
また、サバイバルバックの中には、サバイバルナイフ、手回し携帯充電ラジオ、カロリーメイト、蛍光ベスト、ブランケット、人工呼吸マウスピース等々が入っています。
やはり、廃墟では何があるかわかりませんからね。




ここからは、2人で、安全のため例のヘルメットを着用します。

鉄の柵がありますが、先に来た方がぶっ壊してくれたらしく、隙間から容易に侵入できました。
雨上がりのため、トンネル内の地面ははぐっちゃぐちゃ。「うへえ~ きもちわるっ!」 
トンネル内は真っ暗なため、懐中電灯の明かりを頼りに・・・・ってあれ?  俺確か、強力LEDライト持ってきたはずなんだけど???  ないっ!!!!

仕方ないので、小型ペンライト二つと、友人ОのIPod タッチのLEDライトを頼りに、進んで、100メートルほど。
PICT0995.jpg
外に出ましたあ!!!  ま、まぶしい!!! 「目があー 目があー!!」

>>>>>その4に続く>>>>>




関連記事
スポンサーサイト

コメント

行川アイランド駅周辺、時々携帯電話圏外あります。

URL | プレミアム・アウトレット酒々井 ID:aIcUnOeo[ 編集 ]

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

というか、駅周辺もつながらないんですね!

こんど、おせんころがしの見学とキャンプもかねて、行川アイランド再訪するのですが、その時は無線でも持ってきますかねw

URL | Yutakantas (トウキョウAT63) ID:-

こんにちは 僕も学生ですが行川行ったことあります また今度行く予定です‼︎学生さんで廃墟好きはあまりいないので嬉しいですね!

URL | 名無しさん ID:-

今度一緒に行けたら‥なーんて無理ですよね‥
Twitterフォローしておきましたので宜しくお願いします!

URL | 名無しさん ID:-

Re 行川は警備が強化されてるのでご注意くださいね

コメントありがとうございます!


僕の場合も周りに廃墟好きはほとんどいないので、こちらこそうれしい限りです!

他の友達にも、毎日スマホに向かってないで、たまには廃墟とか非日常の所に来いと言いたいですね(笑)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

実は、先週行川アイランドをキャンプのついでに再訪しようとしたのですが、なんと管理人が駐車場の小屋で監視しており運悪く、管理人に見つかってしまい「ごめんね~ここケガする人いっぱいいるから出てくれるかな~」と言われて追い返されてしまいました。
おそらく、警備体制が強化されたのでしょう。

ちなみに、僕が行った日は、我々の他にも訪問者が多かったためか、4時に管理人が帰った後、5時ごろからパトカーが来て張り込みに来ました!!!

とりあえず、午後4時に管理人が帰ることはわかりましたが、訪問者が多い日は警察が来ることもあるので、再訪の際はご注意くださいね。

URL | Yutakantas (トウキョウAT63) ID:-

Re: コメント・フォローありがとうございます

コメント・フォローありがとうございます!

廃墟好きな方はあまり周りにいないので、いつの日か一緒に廃墟散策が出来ればいいですね。
とは言いつつも、最近全く行けていないのですが・・・・

あとtwetterですが、フォロー返しさせて頂きましたのでご確認頂ければ幸いです!

URL | Yutakantas (トウキョウAT63)

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。